コラム

三光歯科医院コラム三光歯科医院

  • 2020/09/07
  • 院長コラム

マウスピースで反対咬合を矯正

最近、反対咬合が増加傾向にあるらしい。



反対咬合は、第一次成長期のうちは機能性の問題が主だが、

10歳以降の第二次成長期では、骨格性の問題も加わる。

そのため、抜歯や手術など外科矯正が必要になってくることも。

なので、乳歯列のうちからの早期治療も重要になってくる。


そんな中、反対咬合の治療に有効な歯列矯正用咬合誘導装置が発売された。

マウスピース型の装置で、主に就寝時に着用する。

期間は、半年から一年とのこと。

ソフトタイプなので、痛みも少ないらしい。

一覧へ戻る

あなたへのおすすめ記事

TEL.045-253-7340
ネット予約